2017年4月24日月曜日

クトゥルフ・ウォーズ(Cthulhu Wars)拡張の紹介(5)

クトゥルフ・ウォーズ拡張紹介の第5回は前回の続きで旧支配者パック2と3を紹介します。

= 旧支配者パック2  =

(Great Old One Pack Two $29.99)

旧支配者パック2には以下のような4体の旧支配者が含まれています。

●独立の旧支配者: 父なるダゴン(Father Dagon)

前回の「母なるハイドラ」と対になる海の下級神。こいつは海にいる時は強いのに上陸すると弱くなるという引き籠り体質です。ハイドラとは逆に陸地にいる敵の信者を津波でさらって海洋に移動させる能力があります。独自の呪文書:インスマス面(The Innsmouth Look)が発動すると毎ターン強制で信者1人と引き換えに魔力6が生成されます。たいへん強力なのですが信者が減り過ぎると勢力が維持できなくなるの良し悪しです。

●独立の旧支配者: ボクラグ(Bokrug)

ドリームランドに棲むという巨大な水大蜥蜴(ミズオオトカゲ)の邪神。戦闘力1しかありませんが殺されても次のターンに復活してくるという特殊能力があります。この邪神は他の勢力に押しつけることができ、そこで本領発揮します。渡されると独自の呪文書:サールナートへ来た破滅(Doom that Come to Sarnath)が発動して、味方のユニットを食べ始めます。そしてこいつは死んでも復活するのです。はっきり言って最悪です。

●独立の旧支配者: アトラク=ナチャ(Atlach-Nacha)

北米のン・カイに棲むという蜘蛛の邪神。一節に彼女が巣を張り終えた時世界は終焉を迎えると言われています。ゲーム的にもその設定が生かされていてある意味最凶の邪神となっています。
彼女の特殊能力は「巣を張る」で巣自体には何の効果もありませんが、巣を6個張ると独自の呪文書:宇宙の巣(Cosmic Web)が発動し即座にゲーム終了して無条件で勝利者になれます。巣は壊せないのでこいつが巣を張り始めたら他の勢力は最優先でこいつを倒さなければなりません。

●独立の旧支配者: ガタノソア(Ghatanothoa)

ムー大陸はヤディス=ゴー山で崇拝されていた邪神です。一目見たものを生きた石像に変えるとされます。ゲームでも特殊行動で敵の信者をミイラ化(石化)できます。ミイラ化すると移動も魔力の生成もできなくなります。独自の呪文書:ムーの呪詛(Execration of Mu)が発動すると行動は必要なく同じ地域にいるだけでミイラ化できるようになります。

= 旧支配者パック3 =

(Great Old One Pack Three $14.99)

旧支配者パック3には以下の1体だけ旧支配者が含まれています。

●独立の旧支配者: ゴボゲグ(Gobogeg)

ゴボゲグは終末の神です。姿は不定形の巨大な肉の柱のようで覚醒すると巨大地震を起こすとされていますが、こいつは色々と特殊なユニットです。

そもそもゴボゲグなんて邪神は聞いたことありません。クトゥルフ神話にはちょっと詳しいと言う人でも聞いたことないでしょう。それもそのはず実はこれはサンディー・ピーターセンがこのゲームのためにデザインしたオリジナルの邪神なのです。

性能もちょっと特殊でゲームの最終盤にしか目覚めませんが覚醒コストは何と無料。その分戦闘力もゼロですが、戦闘においてダメージを受けると敵味方関係なく全てのユニットにダメージを与えるという爆弾みたいな戦力を持っています。無料だと思えば防御用に使うのも良し、敵陣に単独で突っ込ませるのも良しと意外と使えそうです。

何より酷いのが、この旧支配者が登場していると特殊能力の「法の書(Book of Law)」により、誰でも旧支配者を覚醒させると魔力 6を獲得できます。旧支配者の覚醒が格安に、クトゥルフとかなら覚醒前より逆に魔力が増える始末。旧支配者の乱舞状態で終末が早まることは間違いありません。

独自の呪文書も非常に変っていて、呪文書:混沌の書(Book of Chaos)はゲーム終了時に自動的に発動し、次に遊ぶマップや登場勢力や拡張を指定することができるというメタなものです。

--
■次回はアザートス拡張セットを初回する予定です。

2017年4月23日日曜日

クトゥルフ・ウォーズ(Cthulhu Wars)拡張の紹介(4)

今回と次回は第1期の拡張から旧支配者パックについて紹介します。これらのユニットは「独立の旧支配者(Independent Great Old One)」としてゲームに導入します。前回の「中立の怪物」と同じように誰の味方にもなる可能性があります。

独立の旧支配者を覚醒するためにはユニットごとの特殊条件を満たする必要があります。多くの条件では自勢力の旧支配者が覚醒済みの時に魔力を支払って2体目の旧支配者として覚醒させます。死亡すると中立に戻ってしまうので他の人でも覚醒できるようなります。

旧支配者はそれぞれ独特の強力な能力を持っており、中には根本戦略の変更が必要になるようなものもあります。さらにそれぞれ独自の呪文書を持っており個別の条件を満たすことで、強力な呪文書の効果が利用可能になります。

= 旧支配者パック1 =

(Great Old One Pack One  $34.99)

旧支配者パック1には以下のような5体(柱?)の旧支配者が含まれています。

●独立の旧支配者: クトゥグア(Cthugha)

有名な旧支配者でフォーマルハウトに封印されていると言われる火の邪神です。ゲーム的には普段は戦闘力ゼロのくせに相手が旧支配者の時のみ本気出すという弱いんだか強いんだかわからない微妙なユニットになっています。ハスターやシュブ=ニグラスあたりにぶつけて相討ち狙いというのが正し使い方かもしれません。独自の呪文書:火焔嵐(Firestorm)があると殺戮(Kill)を苦痛(Pain)に下げることで「旧神の印(Elder Sign)」を獲得という得点源になるのが魅力的です。

●独立の旧支配者: アブホース(Abhoth)

北米のン・カイに棲むという不定形の旧支配者です。ゲーム的には汚濁(Filth)トークンを蒔く能力を持っており、汚濁トークンは移動できませんが戦闘力ゼロの怪物として扱えます。

汚濁トークン
さらに汚濁トークンの数が増えればアブホースの戦闘力が増えます。独自の呪文書:幼生体(Brood)があると敵は汚濁トークンのある場所の門(ゲート)を使用できなくなるという嫌らしい能力を獲得します。

●独立の旧支配者: チャウグナー・フォーン(Chaugnar Faugn)

かつてはピレネー山脈に棲んだという長い鼻と大きな耳を持つ象に似た旧支配者です。単体で強い邪神ではありませんが、自分の門(ゲート)のある場所の戦闘力が増えるという全体の守りを向上させてくれるユニットです。特筆すべきは独自の呪文書:チャウグナー・フォーンの呪い(Curse of Chaugnar Faugn)の能力で「旧神の印」を表を見て選べるようになります(自分には常に3点を敵には1点を渡すことかできます)

●独立の旧支配者: イグ(Yig)

かつてムー大陸で崇拝されていたと言われる蛇の邪神です。この旧支配者がいると自勢力の信者が全員猛毒になり戦闘で殺されると返り血で相手を殺せます。独自の呪文書:イグの使者(Messenger of Yig)があれば敵全員から魔力がもらえるというのも嬉しい感じです。

●独立の旧支配者: 母なるハイドラ(Mother Hydra)

深きものどもに崇められる下級神。このユニットは敵の数が少ない時は強いのに敵が増えると弱くなるという変な特徴があります。能力としては海洋から陸地へ敵の信者を移動させるというもので、敵を移動させる能力は色々と便利です。独自の呪文書の能力:受精卵(Zygote)を使うと自分の信者全員をコスト1で登場させることができるようになります。

--
■次回は旧支配者パック2,3を紹介します。

2017年4月22日土曜日

クトゥルフ・ウォーズ(Cthulhu Wars)拡張の紹介(3)

今回は第1期の拡張の中からドリームランドの怪物を扱った二つの拡張セットを紹介します。

これらの怪物は「中立の怪物(Neutral Monster)」としてゲームに導入します。中立の怪物はゲームごとにいくつか選んで準備しておき、ゲーム中に早い者勝ちで滅亡点(勝利点)を2点支払うことで自分の勢力に参加させることができます。一度味方に加えるとゲームの最後まで味方のままで他の人は使えません。

怪物たちは色々な特殊能力を持っていて、組み合わせ次第で色々な新しい戦術が試せそうで魅力的なのですが、最初に滅亡点(勝利点)の支払いが必要なので価値にみあうか悩ましいバランスになっています。

= ドリームランド地底の怪物たち =

(Dreamlands Underworld Monster Pack $24.99)

ドリームランドの地底世界に棲む以下の三種類の怪物が付属しています。

●中立の怪物: レンの蜘蛛(Leng Spider) (3体)

有名なドリームランドに棲息する蜘蛛です。この蜘蛛は戦闘において、苦痛(Pain)2つを殺戮(kill)に変換する能力を持っており殺意高めです。

●中立の怪物: ガグ(Gug) (2体)

この幻夢郷の地下に棲む怪物は、敵の信者を捕虜にできないという不利な特徴を持っていますが、コスト1なのに戦闘力3もあるという強力ユニットです。

●中立の怪物: ガスト(Ghast) (4体)

逆にこの怪物は光に当たると死んでしまうし普段はガグの餌といわれるひ弱な生物です。ゲーム的にも特殊能力も戦闘力もない残念ぶりですが、コスト2で4体同時召喚可能という破格の安さが売りで犠牲担当部門に最適です。あと腐っても一応は怪物なので敵の信者を捕獲するのにも使えます。


= ドリームランド地表の怪物たち =

(Dreamlands Surface Monster Pack $24.99)

●中立の怪物: シャンタク鳥(Shantak) (2体)

このドリームランドの巨鳥は宇宙を飛べるだけあってマップ上のどの位置へも一回で移動できる才能の持ち主です。さらにその移動に信者1人を一緒に連れて行けます。

●中立の怪物: ノーリ(Gnorri) (3体)

この夢の国の水棲種族は召喚は高価ですが、複数いると毎ターン滅亡点(勝利点)を獲得できるという破格の能力があります。

●中立の怪物: ムーンビースト(Moonbeast) (4体)

ドリームランドのレン高原を征服したといわれる月の獣です。この怪物は戦闘力はありませんが、召喚時に敵の呪文書のどれかを封印するという特殊能力があります。最大でも1ターンしか効果がありませんが敵にとってみれば戦術を立て難くするとても嫌らしい存在です。

--
■次回は独立の旧支配者パックについて紹介する予定です。

2017年4月21日金曜日

クトゥルフ・ウォーズ(Cthulhu Wars)拡張の紹介(2)

 今回は第1期の拡張のうち三種類の追加の勢力(Faction)を紹介したいと思います。

追加勢力は基本の勢力と入れ換えたり、5人以上で遊びたい場合に使用します。拡張だけあって基本のものより少し複雑なので、いったん基本で遊んでから使うのが良いかと思います。多くのゲームの拡張は大味で強過ぎたり弱過ぎたりするものなのですが、クトゥルフ・ウォーズの拡張勢力は一見無茶苦茶に見えて丁寧にバランスが取られいてるようです。勝つも負けるも使い方次第な感じです。

= 風を歩むもの =
(Windwalker $59.99)
この勢力にはラーン・テゴス(Rhan Tegoth)とイタカ(Ithaqua)の2体の旧支配者がいます。ラーン・テゴスは旧支配者としてはそこまで強くありませんが死に難くいという特徴があります。イタカは後半になって猛威を奮うタイプです。他にはウェンディゴ(Wendigo)とノフ・ケー(Gnoph Keh)がこの勢力に所属しています。あと呪文書で氷河を生み出す能力があり氷河ユニットがついてきます。勢力の特徴としては冬眠(Hibernate)といって次のターンに魔力を持ち越す特殊能力がありこれをうまく使えるかが勝負を分けます。この勢力は全体的にスロースターターで序盤はとても弱いですが、終盤になると手がつけられなくなっていきます。この勢力を担当したらできるだけゆっくりした展開になるよう誘導するのが良さそうです。

= 道を開くもの =
(Opener of the Way $59.99)
この勢力の旧支配者は「門にして鍵」ことヨグ=ソトース(Yog-Sothoth)です。他にヨグ=ソトースの落とし仔(Spawn of Yog-Sothoth)、忌まわしきもの(Abomination)、ミュータント(Mutant)が所属しています。名前の通りこの勢力は門(ゲート)に関する特殊能力や呪文書が多数あり門を移動させたり敵の門を使って召喚したりできますし、ヨグ=ソトース自身も生きている門として活躍します。基本的な戦闘力はそこまで高くありませんが、戦闘時にダイスを振り直したり、戦闘に生き残ると怪物がレベルアップする呪文書があり戦闘も得意です。あとこの勢力には竜の降臨(Dragon Descending)の呪文書による大量得点で一発逆転があるので他勢力は要注意です。

= 眠れるもの =
(The Sleeper $59.99)
この勢力の旧支配者は邪教界隈では唯一祈りがいのある温厚な邪神として大人気のツァトゥグア(Tsathoggua)です。所属するユニットも魔道師(Wizard)、ヘビ人間(Serpent Man)、無形の落とし仔(Formless Swapn)と魔術よりの構成です。魔術勢力らしく、この勢力には色々特殊な能力が揃っています。毎ターン無料で怪物が1体召喚できたり、ツァトゥグアの無気力(Lethargy)で無料でパスできたり、ヘビ人間の妖術で他勢力の特殊能力を真似したりできます。この勢力はかなり多才なのですが、最大の欠点は魔力が足りなくなることです。どの勢力も魔力はいくらあっても足りないものですが、ここは特にやりくりに気をつける必要があります。

--
■次回はドリームランドの怪物についての拡張を紹介する予定です。

クトゥルフ・ウォーズ(Cthulhu Wars)拡張の紹介(1)


キックスターターで支援して長らく待っていたクトゥルフ・ウォーズ(Cthulhu Wars)の第二期拡張セット Onslaught Two が先日手元に届きました。本国アメリカでは通関手続き中でまた敗走されていないようですが、日本へは中国の工場から直送されきたので一早く届いたということのようです。


第二期拡張全部入りでこの物量です

早速、紹介記事でも書こうかと思ったのですが、よく考えたらコアゲーム(基本セット)の紹介は書いたものの、第一期拡張の紹介記事もまだ書いたいませんでした。日本語版の発売予定の話も出ているようですし、何回かに分けてクトゥルフ・ウォーズのコアゲーム、第一期、第二期の全拡張セットを順番に紹介したい思います。

今回はまずは第1回目ということで拡張でなくてコアゲームについて書きます。コアゲームについては前に書いたので繰り返しになりますが、何はともあれ、これがないと遊べないので、再度コンポーネントについて簡単に紹介したいと思います。ゲームの遊び方などは前の記事を参照してください。

= クトゥルフ・ウォーズ・コアゲーム =
(Cthulhu Wars Core Game $199)

コアゲームには四つの勢力(Faction)、世界地図、トークン類などが付属しています。

●大いなるクトゥルフ(Great Cthulhu)勢力

まずはお馴染みクトゥルフ勢力です。この勢力の旧支配者(Great Old One)は当然クトゥルフ(Cthulhu)で、他に星の落とし仔(Starspawn)、ショゴス(Shoggoth)、深きものども(Deep One)が所属しています。全体的に戦闘力が高く特にクトゥルフ御大の摂食(Devour)能力は圧倒的です。残念ながらクトゥルフ・ウォーズは戦闘に勝つことが目的のゲームではなく、世界を滅亡させるのが目的なので戦闘に強いだけではなかなかゲームに勝てません。クトゥルフ勢力は得点源が乏しいのが欠点です。エラッタが出ていてこれを適用すると少し得点源が増えるので忘れずに適用しましょう。

●這いよる混沌(Crawling Chaos)勢力

この勢力の旧支配者は「這いよる混沌」ことニャルラトホテップ(Nyarlathotep)です。他には忌まわしき狩人(Hunting Horror)、盲目のもの(Flying Polyp)、夜鬼(Nightgaunt)が所属しています。この勢力は戦闘力もそこそこ高く全ユニットが2マス移動できてカバー範囲の広さが売りです。特殊能力も合わせて盤面の支配力が高くかなり勝ちやすい勢力です。とりあえず殴ってるだけで勝てることがあると言われるほどで初心者にもお勧めです。

●黒山羊(Black Goat)

この勢力の旧支配者は「千の仔山羊を孕みし黒山羊」ことシュブ=ニグラスです。他には黒い仔山羊(Dark Young)、ユゴズよりのもの(Fungi From Yuggoth)、食屍鬼(Ghoul)がこの勢力に所属しています。怪物の召喚が速くて安価なのが最大の特徴で、どんどんとユニットを登場させることができ爽快です。一方で戦闘力は高くないので勝利するためには色々と工夫が必要になります。ユニットの数の多さや、シュブ=ニグラスの化身(Avatar)の能力をうまく生かせれば面白い勢力です。

●黄色の印(Yellow Sign)

この勢力には黄衣の王(King in Yellow)とハスター(Hastur)という2体の旧支配者がいます。黄衣の王は戦闘力はないものの冒瀆(Desecration)という地域を汚染して魔力源に変える能力があります。他にはビヤーキー(Byakhee)と亡者(Undead)が所属しています。この勢力はかなりトリッキーでどちらかというと上級者向けと言われています。戦闘力がかなり低いですが、他勢力と争って門(ゲート)を奪い合わなくても、冒瀆により魔力も得点も入手できるので、うまく逃げまわっているだけで勝てたりして勝率は高い感じです。
冒瀆トークン、汚染した土地を示すのに使用します。

●世界地図(Earth Map)

コアゲームに付属している基本マップは世界地図です。地球なので地図の左右の端はつながってループしています。クトゥルフ勢力は南太平洋のルルイエから、黄色の印勢力はヨーロッパからなど特定の地域からスタートしますが、最終的には入り乱れて世界狭しと乱闘をくり広げることになります。

マップは左右2枚に分れておりそれぞれ片面が5人用、もう片面が3人用になっています。4人で遊ぶときはどちらか片側を5人用の面にもう片側を3人用の面にします。5人用マップがありますが、コアゲームに付属している勢力は四つしかないので5人で遊ぶ時は別売の拡張勢力が必要になります。

●門(Gate)

地図上に配置し、怪物や旧支配者を召喚するための異界へ門(ゲート)です。門は魔力の供給源であり滅亡点(勝利点)の源でもあります。基本的にはこの門を奪い合うために戦うことになります。

●滅亡トラック(Doom Track)

滅亡点(勝利点)を記録するための、いわゆる得点ボードです。門を支配したり絶滅の祭儀を行なって世界の破壊に貢献すれば得点がもらえ、この数値が高い勢力が最終的に勝利します。

●祭儀トラック(Ritual Track)と祭儀マーカー(Ritual Marker)

「絶滅の祭儀」を行うのに必要な魔力(Power)を三角形の祭儀マーカーを使って示します。誰かが儀式を行なうたびに必要な魔力が増えていきます。右端に到達したらゲームが終了します。3人ゲーム用、4人ゲーム用、5人ゲーム用の3種類が付いてきます。

●旧神の印(Elder Sign)

旧神の印というとオーガスト・ダーレスの五芒星の中にある炎の眼が有名かもしれませんが、こちらの枝のような印はラブクラフト自身の残したメモにあるものです。これは得点チップになります。特定の行動をした時に入手でき、書かれた数値をいつでも滅亡点(勝利点)に換えることができます。

●スタートプレイヤー・マーカー(Start Player Marker)

各ターンのスタートプレイヤーの位置を表示するためのマーカーです。スタートプレイヤーはそのターンのプレイ順を右回りとするか、左回りとするか決めることができ、このマーカーの裏か表がでそれを表示します。

●付属ダイス(Dice)

コアゲーム付属の六面ダイスです。戦闘の時にこれをジャラジャラと振り合います。

●ルールブック(Rulebook)

ルールブックとターンシケーンス早見表です。

--
■次回は第1期の追加の勢力について紹介する予定です。