投稿

キャラクターシート(ルーンクエスト・クイックスタート)

イメージ
昨日日本語訳が公開されたルーンクエスト・クイックスタートにはシナリオがついており、それを遊ぶための作成済みキャラクターが最後に付属しています。そのページをコピーしてプレイヤーに配ればそのまま遊べる形になっています。

コンパクトにまとまっているのですが、ちょっと読み難かったので、7月に「新ルーンクエストを遊んで見る会」の会場では、もう少し読み易い形できたらと考えて、これらの作成済みキャラクターをキャラクターシートっぽい形式でフォーマットしてみました。他で遊ぶ時にも、その時のものを使ってみたいとの要望があったので公開しておきます。

 以下からダウンロードください:
ヴァサナ・ファーナンの娘ヤニオス・ヴァリーナの娘ヴォストール・パイジームの息子ソラーラ・トーリアの娘ハルマスト・バランソスの息子ヴィシ・ダン ついでに手持ちのキャラクターをコンバートして遊びたい人のためにブランク・シートも置いておきます。こちらはより新しいプレビュールールに従って少し改変しています(まだ試行錯誤中です)。
日本語ブランク・シート(改訂版) 補足:コンバートはRQ2のキャラクターに情熱(パッション)とルーンを持たせればだいたいOKです。
--
■それでは良いゲームを

ルーンクエスト・クイックスタート日本語版

イメージ
Chaosium のウェブサイトから、今年年末に発売予定(一応現時点ではまだ年末と言っているようです)のルーンクエスト第4版(RuneQuest: Roleplaying in Glorantha)のプレビュー版にあたる、ルーンクエスト・クイックスタート(RuneQuest Quickstart)の日本語翻訳版が無料でダウンロードできるようになっています。

前半が省略版のルール部分で、後半がシナリオ部分になっています。シナリオをプレイヤーとして遊ぶ予定がある人は後半には目を通さないように要注意です。 RuneQuest Quickstart については以前に簡単にブログ記事を書きましたので、こちらを参照ください。

この翻訳は公式訳ではなく英語版からファン翻訳のものをケイオシアム社のウェブページからダウンロードできるようにしてもらったもので、今後に、もし正式な日本語版が出る場合には用語などは変更になる可能性があります。

以下の英語版のページでスクロールして下の方の日の丸がああるところの近くにあるリンクから無料ダウンロードできるます。 (Add to Cart ボタンは英語版の物理本の購入ですので間違えないように)。

配布ページ: http://www.chaosium.com/runequest-roleplaying-in-glorantha-quickstart/


●クイックスタートが翻訳配布されるまでの経緯
今回のブログ記事はクイックスタートが配布されたよ。やったーで終わりなのですが、翻訳作業を手伝ったので、蛇足かもしれませんが、翻訳配布されるまでの経緯を簡単に紹介してみます。
今年の6月の Free RPG Day に英語版の RuneQuest Quickstart の冊子が(欧米の)特定のゲームショップの店頭で配布される(残念ながら日本から参加するショップは無し。ものが英語なので仕方がない)。 そして7月1日に英語版PDFが無料配布されるとのアナウンスがある。PDF公開に合わせて7月に日本でも新しいルーンクエストを集まって遊べるイベントがあるとい良いねという話が持ち上がり、有志の間で「新ルーンクエストを遊んでみる会」の企画が開始される。企画の中で、参加する GM の中から英語ちょっと自信ないとか、プレイヤーが参照するために日本語のサマリー欲しいよねという話…

新ルーンクエスト(RQG)のキャラクター作成

イメージ
今年の冬に予定されているルーンクエストの新バージョン、ルーンクエスト・グローランサ(RuneQuest Roleplaying in Glorantha)の草稿が先月の GenCon 50 で配布されました。


このプレビュー版 GenCon50 Preview を元に新ルーンクエストのルールとかを紹介してみたいと思います。まずは手始めとしてキャラクターの作成ルールの紹介をしたいと思います。キャラクター作成ルールの確認には 実際に作ってみるのが一番ということで、キャラクター作成を行ってみます。

クイックスタートには完成済みのサンプルキャラクターがついていただけで、キャラクター作成ルールは記載されていませんでした。今回のプレビューには完全なキャラクター作成ルールがあるので、そのれに従って冒険者を一人作成してみます。ちなみにルーンクエストではプレイヤーキャラクターのことを「冒険者(Adventurer)」と呼びます。

Step 1: 出身地(Homeland)

キャラクター作成にはまず最初に出身地を選びます。出身によって文化補正により技能などにボーナスがもらえます。
今回作成するのは名前を「オルカール」、オーソドックスに「サーター」出身の「戦士」にしよう。基本は大事。カルトは後から家族の経歴と見てから決めることにしよう。サーターのデータは以下のようになります。

出身地: サーター(Sartar)
推奨職業: 農夫、貴族、司祭、戦士
推奨カルト: オーランス、アーナールダ、バービスター・ゴア、チャラーナ・アローイ、ユールマル、ヒューマクト、イサリーズ、ランカー・マイ、マーラン・ゴア、ストーム・ブル、イェルマリオ
ルーン: 風+10%
情熱: 愛情(家族)、忠誠(氏族)、忠誠(部族)
文化技能: 騎乗(何か)+5%、ダンス+5%、歌唱+10%、ヒョルト語会話(初期値50)、交易語会話+10%、習慣(ヒョルト人)(初期値25)、農場+20%、放牧+10%、精霊戦闘+15%
文化武器: ダガー+10%、バトルアクス+10%、片手槍+10%、ブロードソード+15%、複合弓またはスリング+10%、中型盾+15%、大型盾+10%
STEP 2: 家族の歴史(Family History)

次に家族の歴史を決めます。それにはまず祖父母の中から最も重要な人物1人と、父母のうち…

クトゥルフ・ウォーズ第三弾 残り2日

イメージ
現在キックスターターで支援募集中のクトゥルフ・ウォーズ第三弾(Cthulhu Wars Onslaught 3)の募集期間が後2日(48時間)を切っています。支援予定の人はお急ぎください。

キックスターター: https://www.kickstarter.com/projects/1816687860/cthulhu-wars-onslaught-3

詳しい紹介は前回の記事を見てもらうとして、前回の記事からの追加/変更分について簡単に紹介しておきます。

●チョーチョー人勢力のルール改訂
まずは最初にキックスターターの中で公開されたバランス調整のためのルール変更について紹介しておきます。

第二弾の新勢力である「チョー・チョー人(Tcho-Tcho)」勢力ですが、一部の人たちから強過ぎるという苦情が出ていました。実際にはそこまで強くはないのですが先行逃げ切り型の勢力なため、上手な人がプレイしていったん逃げ体勢に入ってしまうと、それを妨害するのが困難というのが理由のようです。

それに対応するために以下のようにルール改訂されることが決定したそうです。
1) 神々の石版(Tablets of the God)の呪文書を以下に変更:
「あなたの大司祭のいる門(ゲート)のある地域ごとに、旧神の印(Elder Sign)を1枚獲得する。その後に大司祭を全て失なう」

2) 教主(Hierophants)の呪文書に以下のルールを追加:
「もし大司祭拡張を使用している場合には、呪文書を最初に獲得した際に全ての勢力が大司祭を獲得できる」 この変更は今後生産されあるチョーチョー人拡張には最初から適用済みであり、キックスターター参加者全員に、改訂版の「呪文書」が配布される予定とのことです。

●狂暴アザトース(アドオン)
 狂暴アザトース(Dire Azathoth)がアドオンとして追加されました。これはアザトース拡張に付属してくるのは別バージョンのアザトースです。どの支援レベルにも含まれていないので欲しい人は金額に $15 上乗せてしておいてください。

●ノーデンス
なんと古き神々のノーデンス(Nodens)が旧支配者相当として追加されました。これは支援者全員に無料で付いてきます。太っ腹。

●闇にうごめく者
「ニャルラトテップの仮面(Masks of Nyarlathotep)」セットに追加が予告…

クトゥルフ・ウォーズ 第三期キックスターター

イメージ
クトゥルフ・ウォーズ 第三期(Cthulhu Wars Onslaught 3)がキックスターターにて現在支援者を募集しています。その応援を兼ねて、簡単な内容紹介を書いてみたいと思います。


キックスターター募集ページ: https://www.kickstarter.com/projects/1816687860/cthulhu-wars-onslaught-3
募集期限: 2017年8月15日 午前9時まで

●クトゥルフ・ウォーズとは
過去に簡単な紹介記事を書きましたのでそちらを参照ください。

●クトゥルフ勢力のルール改訂
第三期キックスターターの紹介の前に、既存のコアルール付の「大いなるクトゥルフ(Great Cthulhu)」勢力についてバランス調整のために一部能力が変更されるとの報告がありました。今遊んでいる人にも少し影響があると思うので最初にそれを紹介しておきます。
1)  潜水(Submerge)の呪文書を使用して潜水状態から再び出現(Emerge)する際のコストを 1 から 0 (無料)に変更。 
2)  夢(Dream)の呪文書の使用コストを 3 から 2 に変更 クトゥルフ勢力は人気はあるのですが、初心者では微妙に勝ち切れないという問題が統計的に明らかになってきたので、看板勢力として強化梃入れされることになったようです。今後新しく増産されるコアルールに付属する「呪文書」は新しいルールに入れ換えられるとのことです。既存のユーザーも今回のキックスターターに応募した人全員に交換用の呪文書が配布される予定とのことなので、お見逃し無く。

●オメガ・マスター・ルールブック (Onslaught 3 版)

今回のキックスターターで支援した人全員にオメガ・マスター・ルールブックの最新版が配布されます。これは基本と全部の拡張を含めたクトゥルフ・ウォーズの全ルールが記載されているフルカラー・ハードカバーのルールブックです。前の版との違いは、今回の第三期で追加される新拡張のルールが追加されてたからだそうです。とにかく200ページのハードカバー本($30相当)を参加者全員に配布ということなので太っ腹。PDF版は上記のキックスターターの募集ページから無料で今すぐダウンロードすることができます。

●「古代のもの(Ancients)」勢力
今回追加される新勢力で、通算で 9個目の勢…

RuneQuest Quickstart 紹介

イメージ
今年の年末に Chaosium社から新しいルーンクエスト(ケイオシアムが開発したという意味では日本語に翻訳された第3版に続く、第4版)の発売が予定されています。今回のルーンクエストは汎用システムではなく、グローランサ世界専用とアナウンスされており、ルーンクエスト第2版以来何と37年振りのことで、その名も RunelQuest: Roleplaying in Glorantha です。


そして、その新ルーンクエストのお試し版というかプレビュー版の位置付けのクイックスタート(Quickstart)が先月の Fre RPG Day のイベントの一貫として欧米のゲームショップの店頭で無料配布されたのですが、本日(7月1日に)あらためて販売開始となり広く入手できるようにになりました。PDF版ならば無料で入手できますので是非入手してみてください(英語ですが)。

新しいルーンクエストがどのような感じになるのか? このクイックスタートをレビューしてみたいと思います。短かく簡単に読み易くまとめるつもりだったのにダラダラと長くなってしまいました。長いですけどあまり中身はないので軽く読み流してもらえると幸いです(あらかじめ言い訳)。


●クイックスタートの入手方法 クイックスタートルールは以下のケイオシアム社のサイトから購入できます。PDF だけなら無料でダウンロードできます(下の方に Get the Free PDF Download! というリンクがあります)。

販売ページ:
www.chaosium.com/runequest-roleplaying-in-glorantha-quickstart/

Free RPG Day に配られた冊子と比較すると、一部の誤植や間違いが修正されているようです。


●クイックスタートの概観 A4レターサイズで表紙別で48ページになっています。表紙は綺麗なカラーで伝統の大きなトカゲと、青銅の鎧を着た女性冒険の絵です。この大きなトカゲですが、どんなに恐ろしい怪物かと想像していたのですが、ケイオシアム社のスタッフの話だと、ロックリザード(岩蜥蜴)だったようです。そう聞くといきなり雑魚に見えてくるか不思議です。中身は白黒で前半の24ページがルールパート、後半が16ページのシナリオと 8ページの作成済みキャラクターになっています。


●ルール全体の印象 個々のルールを…

新ルーンクエストを遊んでみる会

イメージ
●ルーンクエスト・クイックスタート 今年の年末に Chaosium から RuneQuest の新バージョン(RuneQuest Roleplaying in Glorantha)の発売が予定されていますが、それに先がけて先日の6月17日に Free RPG Day のイベントの一環として、新しいルーンクエストのQuickstart が店頭配布されました。


このクイックスタートの冊子は48ページでシナリオ1本(Broken Tower)と、それを遊ぶのに必要な最低限のルールの抜粋、作成済みキャラクターが記載されているもので、新バージョンの紹介やお試し用の作品になっています。

この冊子は欧米のショップ店頭で数量限定で配られたものなので現状で日本から入手するのは困難なのですが、7月1日に一般公開され、冊子の販売と PDF 版の無料配布がされる予定になっています。

●新ルーンクエストを遊んでみる会  この新しいルーンクエストに一早く触れて配布シナリオを遊んで見ようというイベント「新ルーンクエストを遊んでみる会 〜RuneQuest Play Party〜」が、来月、東京と大阪にて開催されます。私も東京でゲームマスターとして参加する予定です。良ければ是非一緒に遊んでみませんか?

詳細は以下のまりおんさんのページから確認ください。

日程: 東京:7月23日(日)、大阪:7月30日(日)
詳細: ルーンクエスト情報局: 新ルーンクエストを遊んでみる会
http://runequest.hatenadiary.jp/entry/2017/06/18/134955

 --
それでは、会場でお会いできることを楽しみにしています。