投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

グローランサのエレメント対応

最近はグローランサ関係では大きなニュースがなくて更新をしていませんが、 そろそろ HeroQuest GloranthaKing of Sartar の実物が届くのではないかと心待ちにしているところです。 今週末にも 13th Age Glorantha の2回目の Playtest packet が支援者向けに公開されるということなので、 こちらも非常に楽しみにしています。

いや Greg Stafford と Sandy Petersen が Chaosium の CEO と VP として復帰という大ニュースがあったばかりなのですが、 これが今後にどう影響してくるのは不透明なので何を書いていいのか分らなくて。

最近のニュースとは関係ありませんがグローランサのエレメントの対応について書きたいと思います。

グローランサの元素(Element)にはそれぞれに対応する武器や金属や色などがあって、 そのエレメントに関連するカルトの司祭たちばそれを使用することを好むという設定があります。  ただこの対応は一定ではなくて資料によって微妙に異なっているのが困りものです。  昨日 twitter でも話題になったので手元の資料を元に過去からの変遷をまとめてみました。

●エレメント対応の変遷RuneQuest 1st ed. (1978) p.112元素 色 金属武器種闇黒鉛棍棒/岩虫水青アルミ鞭/殻竿魚地緑銅斧爬虫類火/天空黄金槍/矢鳥風白錫剣哺乳類月赤銀鎌-- エレメントの対応として初出と思われるルーンクエストの第1版のルールブックでは上記のような対応になっていました。 この頃には(当然ですが)まだ Cult of Prax すら発売されていなくて、カルトといえばサンプルとして記載されいるオーランス、 カイガー・リトール、 黒い牙の兄弟くらいだったのですが対応表はしっかり存在していました。


RuneQuest 2nd ed. (1979) p.101元素 色 金属武器種闇黒鉛棍棒/岩虫水青アルミ鞭/殻竿魚地緑銅斧爬虫類火/天空黄金槍/矢鳥月赤銀鎌-- 次のルーンクエスト第2版のものです。 第2版は第1版とほぼ同じ内容なのでこの表も全く同じと言いたところですが、 何故か「風(Air)」のルーンについて記載がありません。 「風」だけ書かない理由は思いあたりませんし何より第…